地盤保証
 
 
【保証制度の概要】
株式会社GIRによって認定された地盤調査/補強改良調査または地盤補強、改良工事を実施し、適合基準を満たしていると判断した物件を対象として、地盤の不同沈下に起因する建物の不具合によって発生した障害を保証内容に基づき、株式会社GIRが保証いたします。
 
 
【保証対象建物】
保証対象建物は新築住宅、または新築店舗併用住宅(居住面積50%以上)といたします。
 
 
【保証の範囲】
1)地盤の修復費用は下記の内容とします。
・不同沈下に起因した住宅建物部分の損壊を現状回復させるために必要な工事費用。
・不同沈下をおこした住宅建物部分の地盤を現状回復させるために必要な工事経費。
 
2)地盤の復旧費用は保証限度額の内枠として1事故2,000万円までとします。
 
3)仮住宅費用とは補修工事の期間中に建物所有権が仮住居を余儀なくされた場合にかかる諸費用とします。
 
4)仮住居費用は1事故につき限度額200万円までとします。但し、1ヶ月間の限度額は100万円までとし、最長連続して2ヶ月を限度とします。
 
5)事故原因調査費用とは不同沈下事故が起こった場合の原因を調査するための費用とします。
 
6)事故原因調査費用は1事故のつき限度額100万円までとします。
 
7)仮住居費用、及び事故原因調査費用は故障限度額の内枠とします。
 
 
【保険責任期間】
保険責任期間は、施工業者の基礎着工日にはじまり、第三者への引渡日を始期日とする
10年後の応当日の午後4時に終わります。
 
 
【てん補限度額】
1事故につき20,000,000円、保証責任期間中の総支払限度額は20,000,000円
但し
1)保険責任期間中に保険契約者の㈱GIRに提起された損害賠償請求にかぎります。
2)保険期間中に保険金請求がなされた場合でも、その時点でそう支払限度額20,000,000円
を超えている場合にはその一部又は全部がお支払できない場合があります。